主な学校行事:2017年:宿泊学習小学部

6月5日から7日の2泊3日、CAMP JUNGAIで宿泊学習をしました。小学部4・5・6年生は、「なかまと団結し、しあわせな時間をすごそう」をテーマに、友達と話し合うこと、時間を守ること、積極的にアボリジニの文化を学ぶことを大切にして活動に取り組みました。

1日目は、さまざまな草木に触れたり、グループの友達と協力して大きな絵を描いたりして、アボリジニの人々の自然や文化を学びました。こすると泡が出て、せっけん代わりになる木にはとても驚きました。また、アボリジニの人々が使ったさまざまな道具、ディジュリドゥの演奏や歌い継がれてきた歌などを、見たり体験したりすることができました。

2日目は、カヌーやハイ・ロープスに挑戦しました。互いに息を合わせてパドルを操作したり、高いロープに挑む友達を応援したりと、みんなで力を合わせて取り組みました。また、林の中の枝や葉を自分たちで集めての家造りやブーメランペインティングを通して、この日もアボリジニの人々の文化に触れました。夜のキャンプファイヤーでは、各学年の出し物や楽しいダンス、焼きマシュマロなど、火を囲みながら思い出に残る活動ができました。

最終日は、「人間知恵の輪」をほどいたり、友達と輪になってさまざまなゲームをしたりしました。6年生がリーダーとなり、自然とみんなが声をかけ合い、協力することができました。

学校に戻り、保護者の方の前で、1日目に覚えたアボリジニの歌を披露しました。楽しい時間はあっという間でしたが、仲間と一緒に学んだ3日間は、かけがえのない思い出となりました。

<< 前へ

次へ >>