メル校 News:2016年05月

休み時間

2016年05月31日

今日で5月も終わりです。今朝の気温は2℃、冬本番も間近でしょうか。吐く息が白くなるほど冷え込んだ朝でした。しかし、天気がよかったので時間が経つとともに日なたは暖かくなり、休み時間になると子ども達は元気よくグランドで遊んでいました。サッカー、テニス、砂場遊び、おにごっこ、最近では「しり相撲」を楽しんでいる子ども達も・・・。いつもの光景ですが、学年の枠をこえて仲良く遊んでいるメル校生です。

全校朝会

2016年05月30日

毎月1日に全校朝会を行っていますが、6月1日はスクールフォト撮影があるので、今日全校朝会を行いました。カウンセリング実習生の紹介や6月の生活目標「心と身体をきたえよう」に関する話などがありました。さて、メル校では毎年1回,希望する児童生徒が日本漢字能力検定を受検しています。日本はもとより海外も含めて多数の受検者がいる中で、G9の生徒が平成27年度の成績優秀者として個人の部で表彰され、今日の朝会で日本から届いた表彰状とメダルを授与しました。漢字は小学校~中学校で2,000字以上を学習します。海外という環境では学校以外で漢字を使うことはほぼなく、習った漢字をしっかりと定着させるのは容易なことではありません。そのような中での受賞は大変すばらしいことであり、不断の努力が実を結んだ結果といえるでしょう。本当におめでとう!

秘密のすみか

2016年05月27日

G3,4は図工の時間、多目的ホールで「秘密のすみか」作りをしていました。3~4人ずつのグループに分かれ、材料は新聞紙とテープ、そして、長机と椅子を活用してすみか作りが始まりました。窓を作ったりドアノブをつけたり、煙突を作ったり・・・。子ども達はこういった秘密基地作りが大好きです。次々とアイデアを出し合いながら、新聞紙をうまく使ってすみかが完成しました。工夫したところを発表し、各グループで作ったすみかを楽しんでいました。

雨の一日

2016年05月26日

宿泊学習が終わり、今日は久々にプレップからG9がそろいました。宿泊学習中はG3がメル校のリーダーとして、青空ランチを開催したり、あいさつ運動をしたりとよくがんばっていたと聞いてうれしく思いました。今日は、昨日からの雨がやまず、雨がずっと降り続いて寒い一日となりました。外で遊べない子ども達は折り紙をしたり、読書をしたりと室内での活動を楽しんでいました。図書室も、本を借りる子、読む子で賑わっていました。

宿泊学習最終日

2016年05月25日

G4児童が「いつもよりも時間がたつのが早く感じました。」とつぶやいていたのですが、本当にあっという間の2泊3日、宿泊学習最終日となりました。今日は、中学部はトレッキング、小学部はジャイアントスイングとサークトロンに挑戦しました。Phillip Island Adventure Resortは広大な敷地で施設や設備、アクティビティが充実しており、複数の学校が宿泊していてもバッティングすることなく、のびのびと活動ができました。またこちらの食習慣になりますが、朝食・昼食・夕食以外にも、モーニングティー・アフタヌーンティー・サパーが出され、しっかり活動、たっぷり食事といった感じでした(大人は完全にカロリーオーバーです・・・)。この3日間で得たことを、今後の学校生活や学校行事に活かしてほしいと願っています。

宿泊学習二日目

2016年05月24日

 宿泊学習二日目。夜中〜明け方に降った激しい雨も止み、プログラムどおりアクティビティを行うことができました。小学部のカヌーイングは、バランスを取るのが最初難しかったようで怖々と乗っていたのですが、慣れるにつれスイスイと進むようになり、みんなとても楽しんでいました。  中学部のラフトメイキングでは2チームに分かれ与えられた材料でイカダ作りです。知識と経験をお互い出し合いながら仲間と協力すること約1時間でイカダが完成。チーム全員が乗って目印のポイントまで往復。沈まずに戻るってくることができました。夕食後はキャンプファイヤーやレク大会で、大いに盛り上がりました。

宿泊学習

2016年05月23日

今日から二泊三日の日程でフィリップ島での宿泊学習が始まりました。各学部出発式の後、プレップ〜G3と保護者の皆さんから盛大に見送られバスは出発。途中サンレモで昼食後宿舎に到着しました。雨が降ったり止んだりの生憎の天気で、野外での活動を室内に変えたりしましたが、ほぼ予定通りの活動ができました。早めの夕食だったのでその後も簡単な夜食が出るなど食事もボリューム満点。小学部の子どもたちは、活動を重ねるごとに大切なことに気づき、そして、進んで行動する意識がどんどん芽生えています。明日の活動も楽しみです。

笑いの絶えないクラス

2016年05月20日

毎週金曜日はランチオーダーの日です。保護者の方が毎回お弁当の仕分け作業をしてくださっています。さて、今日のランチタイムはG5におじゃましました。G5の子ども達はふだんから気持ちの良いあいさつをしてくれるメンバーです。「G5はどんなクラスですか?今日のHPのタイトルにしたいんだけど?」と質問すると、「元気!」「学校一元気なクラス!」、そして、「笑いの絶えないクラス」という答えが返ってきました。ランチ中はいろいろな話題で大笑い。タイトルは「笑いの絶えないクラス」に決めました。いよいよ来週月曜日から宿泊学習です。G5らしさを活かして元気よく笑顔でいろいろなことにチャレンジしてくださいね!!

メルボルン動物園

2016年05月19日

プレップ・G1・G2の子ども達が動物園に遠足に行きました。天気予報通り、朝から今にも降り出しそうな曇天。中学部の生徒や保護者の方に見送られながら、バスに乗ること約1時間。動物園に到着しました。体験学習ではヘビやカエルを触らせてもらい、その感触を楽しんでいました(希望者のみです)。ヘビは思ったよりやわらかい感触で触った子ども達はみんな驚いていました。子どもたちの願いが通じたのか、曇天ながらも少し薄陽もさす時間帯もあり、傘やカッパを使うこともなく最後まで活動できました。夜行性の動物はお昼寝タイムでしたが、いろいろな動物を見て、みんなでお弁当を食べて充実した動物園見学となりました。

クラブ・部活動

2016年05月18日

「生き方教室」で子ども達にサッカーを教えていただいた岩﨑陽平さんが、オールドスコッチというクラブチームに所属するカズさんと一緒に、先週に続き今週も球技クラブ・部の指導に来てくださいました。(カズさんも日本人学校で学んだ経験があるそうです。)G3・G4はカズさんに、G5~G9は岩﨑さんに基本練習を中心にみっちりと技術指導をしていただきました。次回来校いただくのは少し先になりますが、それぞれ自分で練習を重ね、上達した姿を岩﨑さんやカズさんに見てもらえるのではないでしょうか。プロのサッカー選手に直接指導していただき、いきいきと活動していた子ども達でした。

宿泊学習準備

2016年05月17日

来週月曜日からG4~G9はフィリップ島のPhillip Island Adventure Resortで2泊3日の宿泊学習を行います。小学部、中学部とも同じ施設で実施しますが、内容は異なります。各学部それぞれ朝や中休み、昼休みの時間を利用して宿泊学習の準備を進めています。特に初めて宿泊学習に参加する子どもにとってはドキドキわくわく、既に何度か寝袋で寝る練習をした児童もいるなど、みんなとても楽しみにしているようです。どうかお天気に恵まれますように・・・。

Japan Festival 2016

2016年05月16日

昨日、ボックス ヒルのタウンホールでJapan Festival 2016が開催されました。開会セレモニーが終わって1番目が日本人学校の出番です。小学部は笑顔で『よさこいエイサー』を元気いっぱいに踊り、中学部はきりりと引き締まった勇壮な『南中ソーラン』を披露し、大勢の方から大きな拍手をいただきました。4月に転入した児童生徒も全員参加しましたが、短い期間でよく覚えたものだと感心しました。また、日本人学校では終日ブースを出し、学校紹介DVDの放映や、絵や習字の作品展示、メル校の特色紹介、体験コーナー・プレップ体験コーナーなどを行い、多くの方に来場いただきました。Japan Festivalは終わりましたが、今年は6月5日開催の「国際子どもフェスティバル」にも出演します。メル校の子ども達の笑顔と本気をまた大勢のみなさんに見ていただきたいと思います。

家族 メルボルン日本人学校

2016年05月12日

昨日はクラブ・部活動がありました。書道クラブ・部では、いよいよ共同作品の清書です。先週のクラブ·部の時間に決めたタイトルは「家族 メルボルン日本人学校」。少人数でみんなが家族のようなメル校ならではの言葉です。大きな字の「家族」は中学部が、「メルボルン日本人学校」は全員で分担しました。小学部・中学部合わせて4人というとても人数が少ないクラブ・部ですが、バトンのように筆をつなぎ心を一つにして仕上げました。今、ホールに掲示していますが、見ているだけでほのぼのと心が温まるような作品となりました。

法被授与式

2016年05月11日

15日(日)に開催されるジャパン・フェスティバルまであと4日。 今日、中学部では『法被』をG9からG7・G8に受け渡す『法被授与式』を行いました。この法被は、南中ソーランを踊るときに着るもので、10年以上代々受け継がれてきたものです。今年もG9のソーランリーダーから「見せるではなく、魅せる」という熱いメッセージとともに、中学部全員一人ひとりに手渡されました。初めて法被に袖を通したG7も2度目のG8も、今年で最後のG9も、全員いつもより引き締まった気合いの入った表情で、その後の練習も一生懸命取り組んでいました。日曜日の本番が楽しみです。

NAPLAN

2016年05月10日

今日から3日間の日程でNAPLANが始まりました。NAPLANとは、「National Assessment Program -Literacy and Numeracy」の略で、3年生、5年生、7年生、9年生の児童生徒を対象に毎年5月、全国一斉に行われる読み書きと計算の能力を評価するテストです。(滞在1年未満の児童生徒は受験を免除されます。)今日はLanguage ConventionsとWriting の2時間。明日はReading、明後日は計算のテストです。問題は全文英語ですので日本人学校の児童生徒にとっては問題を読み解くことから難しさもあるのですが、それでも普段の学習で付けた力を発揮して真剣に取り組む姿が見られました。

どうぞよろしく!

2016年05月09日

入学して約1ヶ月。G1の子ども達は、教室で習ったことを日常生活で実践するなど、学校生活の中でたくさんのことを学んでいます。職員室の先生に用事があるときは「しつれいします。G1の〇〇です。△△せんせいにようじがあります。はいっていいですか?」と言ってから入ることを学習しました。今、生活科でいろいろな職員にインタビューをしていますが、今日も職員室に入るときは約束を守ってしっかりと言ってから入ることができました。自分の名前と好きな物を言ってどうぞよろしくと自己紹介したあと、職員に「誕生日を教えて下さい。」とインタビュー。ケアティカーさんへの質問も、英語で上手にできました。G1教室では子ども達と職員の誕生日列車を作成中です。完成が楽しみです。

消防署·消防博物館見学

2016年05月06日

G4が消防署と消防博物館に社会見学に出かけました。トラムを乗り換えて約1時間、East MelbourneのEastern Hill Fire Stationに到着しました。消防署では毎週金曜日にデモンストレーションが行われており、放水体験や実際に消防車に乗ったりなどの体験もできました。その後、一人の消防士さんがメル校生の質問に答えてくださり、消防車の装備など詳しく説明してくださいました。G4の子ども達も臆することなく英語で次々と質問。子ども達の熱心さが伝わったのか特別に署内に案内くださり、火災が発生した場合に住所や地図などが表れるモニターも見せていただくことができました。消防博物館でも好奇心旺盛で飽きることなく隅々まで見学していた子ども達。さわやかな秋空のもと、世界遺産に登録されているカールトン庭園でお弁当を食べて帰校しました。

毛筆

2016年05月05日

小学校3年生から毛筆を使った学習が始まります。今日は初めての習字の授業でした。子ども達は興味津々わくわくドキドキ。習字道具を早く使いたくてたまらない様子でした。しかし、まずは、用具の名前、置き方、使い方、筆の持ち方、姿勢、そして書いた後の片付け方などを学習してからです。字を書くときの心構えもしっかり教わっていました。いよいよ、筆で書く時間になりました。題字は「二」。まずは横画の練習をしてから、清書に臨みました。初めての毛筆授業でしたが、みんな自分の書いた字を褒めてもらってとても満足そうでした。

クラブ・部活動

2016年05月04日

今日から本年度前期のクラブ・部活動が始まりました。アートと書道は小中学部合同、球技は小学部、中学部別に行います。今日は初日だったので、クラブ長・部長の選出や自己紹介、前期の活動計画などを話し合っていました。  書道クラブ・部は、昨年度「笑顔、日本人学校」という共同作品を仕上げました。今年は「〇〇、日本人学校」の〇〇にどんな文字を入れるか話し合い、メル校らしい素敵な言葉に決まりました。次回のクラブで作品に取り組みます。完成をお楽しみに! クラブ・部活動を通して異年齢の子ども達が集団の一員として協力し、よりよいクラブ・部にしてほしいと思います。そして、何よりもクラブ・部活動の時間を楽しみに活動してほしいと思っています。

新体力テスト

2016年05月03日

 日本ではGW後半ですが、メル校は通常通りの学校生活です。今日は新体力テストを実施しました。天気は良かったのですが強風が吹き荒れていたので、雨天プログラムでの室内実施に変更しました。種目は「握力・上体起こし・長座体前屈・反復横跳び・立ち幅跳び」です。(残りの種目は体育の授業で行います。)  メル校のよさの一つですが、高学年が低学年とペアを組んで各種目をまわり計測の補助をしていました。例年のことながら、中学部の生徒たちがプレップなど低学年の子ども達とまわっている姿に頬が緩みました。

<< 前へ

次へ >>