メル校 News:2016年09月

綱引きロープ

2016年09月29日

海外子女教育振興財団の在外教育施設教材整備事業に申請し、先日、日本から「綱引きロープ」と「ロープ巻き取り機」が届きました。中学部の体育の時間に、巻き取り機の使い方を確認したあと、実際に綱引きを試していました。G9は模擬試験のため今日の体育はG7・G8のみでしたが、大きなかけ声で綱を引き合っていました。重いロープを巻き取り機に巻くのは難しそうでしたが、協力しながら片付けていました。日本ではスポーツの秋。メルボルンはこれからが春本番ですが、来月から運動会練習が本格的に始まります。

久しぶり!

2016年09月28日

9日間の休みを終え、今日からまた学校が始まりました。久しぶりに友達に会えてうれしかったのか、プレップさんたちはうれしさを体いっぱいに表現していました。朝は冷え込んでいたのですが、青空のもと日射しがさんさんと降り注ぎ、ぽかぽか陽気になりました。中休みや昼休みのグランドでは半袖姿で遊ぶ子どもが増え、気持ちよさそうにグランドを駆け回っていました。

ロイヤル・メルボルン・ショー ホリデー

2016年09月19日

今日から27日(火)まで、ロイヤル・メルボルン・ショー ホリデーで学校はお休みです。

メル校デー

2016年09月18日

おもてなしの心で一生懸命に伝えた小学部ワトルタイム。勉強と両立させながら取り組んだ中学部の劇。心を一つにして歌ったり演奏したりしたミュージックタイム。緊張しながらも、素敵な笑顔をたくさん見せてくれた子ども達。それぞれの場面で、一人ひとりがキラリと輝いたメル校デーでした。午後からは、和太鼓りんどうさんのステージやお茶のブースなど、日本文化を来校していただいた方に楽しんでいただきました。また、熊本地震震災復興支援ドネーションブースではたくさんの方にご協力いただきました。お天気は悪かったですが、そんな天気を吹き飛ばすような、素晴らしいメル校デーでした。

メル校デー準備

2016年09月17日

いよいよ明日はメル校デー。朝一番に全校集会で今日の一日の流れを確認した後、ワトルタイムの準備、ミュージックタイムのリハーサルを行いました。子ども達はもうやる気十分、今日のリハーサルも「とても楽しかった!」という声が口々に返ってきました。メル校デーでは、今年は熊本震災復興支援のドネーションブースも設置します。子ども達は各教科等で震災について考え中学部は掲示物を作成、また、学年委員会で旗を準備していただき、子ども達がその旗に応援メッセージを寄せ書きしました。明日は子ども達の活動とともにドネーションブースへもぜひ足をお運びいただきたいと思います。

2016年09月16日

 メル校デーのワトルタイムでは、中学部は劇『泣いた赤鬼』をみなさんに見ていただきます。劇は日本語ですが、ナレーションは英語です。演じること+英語でのナレーションにもがんばって取り組んできた中学生。特に、G9は受験勉強との両立で大変だったと思いますが、「さすがG9!」という姿は、きっと在校生の目標にもなることでしょう。毎回お互い意見を言い合ってよりよいものにしていこうと皆で劇を作り上げてきた中学部、本番にその成果を発揮してくれると期待しています。

全校合唱

2016年09月15日

メル校デーまであと3日。ワトルタイムやミュージックタイムの練習もいよいよ終盤に入ってきました。また、開会式や閉会式についても、昼休みに集まって代表児童生徒が練習をしています。今朝は、多目的ホールに全員が集まり、ミュージックタイムの全校合唱「歌よ、ありがとう」の練習をしました。おとといの全校音楽では入退場の練習や立ち位置の確認を中心に、今日は15分しか練習時間がなかったので、歌が中心の練習となりました。プレップからG9までによる全校合唱。子ども達の成長を感じながらお聴きください。

伝わるかな!?

2016年09月14日

プレップ~G2の子ども達は、メル校デーワトルタイムで「おもちゃランド」を行います。「おもちゃランド」では、プレップは「箸」を使った体験的活動、G1・2は、身近な材料でできる工作をします。今日は、G1・2のコーナーのリハーサル、説明役・お客さん役に分かれて活動しました。当日は現地の方々もいらっしゃるので、これまで日本語・英語で案内や説明をする練習も一生懸命取り組んできました。今日は、ケアティカーのマークさんにも協力してもらって、作り方・遊び方の英語での説明をがんばりました。最初は緊張していたものの、マークさんからも”Great!“と褒めてもらって、ご満悦の子ども達でした。

JAL『そらいく』

2016年09月13日

JALパイロットによる『そらいく』を行いました。JALはメルボルンには就航していませんが、メル校生のためにとメルボルンまで来てくださいました。制服姿のパイロットの方がホールに入られたとたん、一瞬にして子ども達の間にわくわく感が広がっていくのを感じました。飛行機にまつわる話、パイロットの仕事内容、そして、それに関連したクイズ。スライドを見ながら「うわ~!!」「へえ!」「すごい!」と身を乗り出して聞いていた子ども達。また、高学年・中学部の方では、高度10,000mから見た地球環境の話もしてくださいました。海外在住なので子ども達は飛行機に乗る機会が多くありますが、今日のお話を聞いて、また新たな気持ちで飛行機に乗るのではないでしょうか。

届け、希望の音色♪

2016年09月12日

音楽室からハンドベルのすてきな音色が聞こえてきたのでのぞいてみると、G5・6が合唱曲『Believe』のピアノ伴奏に合わせてハンドベルの演奏をしていました。歌と歌の合間にハンドベルの演奏やメッセージが入ります。2学年あわせて14名しかいませんが、その少なさを感じさせることなくしっかりと声が出ていて心に響いてきました。どの学年もミュージックタイムの本番に向けて、最後の練習に励んでいるとこです。

教科書

2016年09月09日

今日はミュージックタイムのリハーサルをしました。音楽室ではなく本番の会場となる理科室+プレップ教室でのリハーサルでは、歌や合奏の練習はもちろんのこと、入退場や立ち位置、楽器を置く場所、準備・片付けなども確認しました。ところで、後期教科書が届いたと連絡が入り、今朝総領事館に取りに行きました。子ども達も担任も教科書の到着を今か今かと心待ちにしていたので、届いた教科書ににっこり。ページをめくりながら「インクのにおいがします!」と嬉しそうな声を上げる子どももいました。学年後半もしくは翌年も使う教科書です。大切に使ってほしいと思います。

芸能鑑賞教室

2016年09月08日

ヨーロピアンピエロのパフォーマンスをおこなっているChiristofさんにお越しいただき、「芸能鑑賞教室」をおこないました。スペイン語、イタリア語、ドイツ語、英語、そして、Chiristofさんは日本でも活動をされていた経験があり日本語も少しまじえながら進むパフォーマンスは、言葉はわからなくても表情や動作から伝わってくるものがあり、あっという間にChiristofさんの世界に引き込まれていきました。1時間弱の内容でしたが、その大半はずっと笑っていたと感じるぐらい、みんな大いに楽しんだ芸能鑑賞教室でした。メル校デーを前にプロのパフォーマンスを目の前で見ることで、子ども達は心の中で何かを感じ取ったのではないでしょうか。

学習も

2016年09月07日

学校では18日(日)開催のメル校デーに向けての取組み真っ最中ですが、子ども達は練習だけでなく学習面もしっかりと取り組んでいます。G7は国語の時間、まず、これまでの学習を振り返り、本時は「著者の考察をとらえよう」というめあてを持ち学習していました。教科書から読み取った自分の考えをノートにまとめ、お互い交流し、考えを深めていきました。今後の発展学習として、「私たちもグラフや図から、仮説-検証―考察をしよう」ということで、メルボルンについて取り上げるようです。最近、世界で最も住みやすい都市ランキング6年連続1位となったメルボルン。G7のメンバーはどのような仮説を立て、検証し、考察するのでしょうか・・・。

ミュージックタイム

2016年09月06日

朝の時間や帰りの時間、あるいは休憩時間に、各学年や学部から歌声やリコーダーの音色が聞こえてきます。小学部では、練習当初は歌を歌うのに精一杯でしたが、最近は表情や声の出し方を意識して歌うようになってきました。また、歌詞の内容から振り付けを考え、その振り付けで歌を練習しています。今朝もG2教室では「手のひらをたいように」を、かわいい振りを付けて歌っていました。今週木曜日の朝は全校音楽、そして、金曜日はミュージックタイムのリハーサルです。「Music Enjoy Love ~届け 希望の音色~」。一人ひとりの音色が一つになって聴いていただくみなさんに届きますように!

図書室

2016年09月05日

朝の時間に図書室をのぞくと、プレップの子ども達が絵本を読んでいました。ソファーはちょっと大きくて足がとどかないのですが、ちょこんと座って静かに読んでいました。ところで、今朝、日本からの荷物が届き、その中に図書の本がたくさん入っていました。公益財団法人 理想教育財団の2016年度の図書寄贈対象校としてメル校が選ばれ、低学年から中学生向きの本40冊を寄贈していただきました。さっそくホールの机に並べたところ、わくわくしながら並べられている本を見ていた子ども達。図書室で借りることができる日を心待ちにしていました。

ミシン

2016年09月02日

中学部は今日と来週月曜日が中間考査です。3時間の試験を終えた4時間目、技術家庭科の時間にミシンを使って雑巾を縫う学習をしていました。上糸をかける、ミシン針に糸を通す、下糸を入れる、下糸を引き出す、縫っていてからまったときの処理など、実際に縫う時間よりもそういった作業に手間取ることが多かったようですが、中にはカタカタカタカタ・・・と軽快な音とともに縫っている生徒もいました。過去にミシンの学習はしていますが、普段の生活で使わない場合はすぐに使い方を忘れてしまいます。悪戦苦闘しながらもお互いに協力し、雑巾を仕上げていました。

G5・G6交流学習

2016年09月01日

Ashburton Primary schoolの5・6年生36名が来校し、G5・G6の児童と交流をしました。この日に向けてG6が中心となって準備を進めてきました。オープニングセレモニーのあと、日本の文化や音楽、スポーツを体験してもらおうと「culture」「sports」「music」の3箇所に分かれて活動をしました。メル校生は1箇所を担当し、アッシュバートンの生徒は3箇所をローテーションでまわります。最初は緊張気味のメル校生でしたが、回を重ねるごとに説明も進行の仕方も上手くなっていきました。特に、昼休みに一緒にリレーやサッカーを楽しんだことで、一気に距離が縮まったように思いました。フリートーキングの時間は、メル校生は英語で、相手校は日本語でなんとかお互い伝えようとしている姿が微笑ましかったです。とてもフレンドリーで温かな雰囲気に包まれた交流となりました。今度は、こちらが訪問する番です。再会が楽しみです。

<< 前へ

次へ >>