メル校 News:2016年11月

う~ん•••

2016年11月30日

水曜日の放課後は、部活動・クラブ活動を行っています。後期は、小学部は球技、三味線、レクリエーション。中学部は、三味線、球技に分かれて活動しています。G9は後期からは参加せず受験対策の勉強をこの時間にしています。小学部のレクリエーションクラブでは、グループに分かれてオセロや将棋などを楽しんでいました。将棋盤をはさんで向かい合う二人は真剣そのもの。二人ともルールはちゃんとわかっているそうです。一手指しては悩みながら、勝負が続いていました。「和」の空気が流れるおだやかな午後のひとときでした。

遠足に向けて

2016年11月29日

プレップ~G3は12月8日にモーニントン半島のチェリーファームへ遠足に行きます。昨年はストロベリーファームだったので2年ぶりのチェリーファームです。遠足では、縦割りの3つのグループに分かれて活動します。今日は遠足に向けての初回の活動。全員が多目的ホールに集まり、担当の先生から写真を見ながらチェリーピッキングについての説明を聞きました。次にグループに分かれ、自己紹介、グループ名、約束などを決めていきました。G3はさっそくリーダーぶりを発揮。司会進行を手際よく進め、とても頼もしく感じました。あと2回集まり、そして、遠足本番を迎えます。

交流学習

2016年11月28日

先週はぐずついた天気が続きましたが、今日は久しぶりに晴天となり、抜けるような青空のもと、プレップ~G4の交流学習を行いました。6月にこちらが訪問したSydenham Hillside Primary Schoolの6年生18名が来校。グループで自己紹介、その後、日本の遊びなど一緒に活動を楽しみました。昼食後はサッカー対決や、竹馬•一輪車に挑戦する現地校の生徒もいました。最後に、メル校生が折った「かぶと」をプレゼントして交流が終わりました。学校を去るときは、皆「かぶと」を被ってくれており微笑ましい光景でした。学年差はありますが、Sydenhamの生徒はこちらの低学年の子どもたちの話にやさしく耳を傾け、また、メル校の子どもたちも安心感があったのか自然に手をつなぐ子もいるなど、あたたかな雰囲気に包まれた交流学習となりました。

読み聞かせ

2016年11月25日

今日から3週にわたって、小学部では毎週金曜日の朝、本の読み聞かせを保護者ボランティアの方にしていただきます。いつもは、低学年・中学年・高学年の3つのグループでの読み聞かせでしたが、今回、いつもより多くの保護者の方がご協力くださったので、プレップ~G4までは学年別、G5・6は合同の6グループでの読み聞かせとなりました。保護者ボランティアの方が選んでくださる本のお話を聞いて興味をもち、そこから図書室に足を運ぶ子もいます。プレップ教室ではカレーのお話。みんな興味津々でお話の世界に引き込まれていました。

小学部集会

2016年11月24日

月曜日に35℃まで上がったことがうそのように、火曜日から肌寒い日が続いています。子ども達の服装も半袖姿からまた長袖に戻りました。さて、今朝は小学部集会がありました。「ニコニコさん」「プンプンさん」の話を例に、「フワフワことば」「チクチクことば」について考えました。ことばのかけ方ひとつによって、相手の受け止め方も違ってきます。一人ひとりが意識して、気持ちよく集団生活を過ごしてほしいと思っています。また、今日は中学部の交流学習がありました。Alia Collegeの生徒が来校し、教室内やグランドでアクティビティを楽しみました。メル校の交流学習は、訪問したときも、相手校が来校したときも、どの学年も1時間だけのイベント的な交流ではなく、ランチも含めて数時間一緒に活動をします。自然にコミュニケーションをしている姿に、普段の英語やEALの学習の成果を感じています。

中学部音楽 三味線指導

2016年11月23日

一時間目は小学部の授業参観でした。いつもより張りきったり、恥ずかしがったり・・・。お家に人に見てもらっていることでどの子もとても嬉しそうでした。さて、中学部の音楽の時間、三味線部・クラブの指導をお願いしている三木さんにゲスト ティーチャーとして三味線の指導に来ていただきました。和楽器の指導については,中学校学習指導要領に「3学年間を通じて1種類以上の楽器の表現活動を通して,生徒が我が国や郷土の伝統音楽のよさを味わうことができるよう工夫すること。」とあります。弦の名前、指の押さえ方、構え方、バチの持ち方などを習った後、いよいよ練習が始まりました。「ドン・トン・テン」の練習を繰り返した後、「からす勘三郎」に挑戦。多目的ホールに三味線独特の温かくゆったりとした音色が響いていました。

お話のさくしゃになろう

2016年11月22日

昨日の暑さから一転、今日の気温は14℃、一気に20℃以上下がり肌寒い一日となりました。さて、G2では国語の時間、「お話のさくしゃになろう」という学習で、それぞれ「お話」を作り、それを一つにまとめた文集ができあがりました。内容、字、絵など、いっしょうけんめいがんばった子ども達。「みんなに見てもらいたいです。楽しんでもらいたいです。」と、作品が仕上がってうれしさいっぱい、満面の笑みでした。

暑いっ!!

2016年11月21日

週末から気温がぐんぐん上がり、子ども達の服装が一気に半袖となりました。今日も朝からもわ~っとした空気でどんどん気温上昇、午後には35℃の暑さとなりました。初夏というのに肌寒い日が続いていましたが、一気に夏がきた感じです。中休みや昼休みはまだ35℃を超えてなかったのでで、外遊びはOK。メル校では「帽子、日焼け止めクリーム、水筒」が年間を通しての必需品3点セットです。しっかり日焼け止めクリームを塗り、この暑さの中でも汗をいっぱいかきながら、元気よく遊んでいる子ども達です。

メル校ランチ会(全校ランチ)

2016年11月18日

児童生徒会執行部が企画し、「ふだんあまり関わりが少ない他学年との親交を深め、学校全体の結束力を高める」ことを目的にメル校ランチ会を行いました。4時間目が終わるとグランドに全員集合。運動会のときのリレーチーム(赤・白・黄・青)に分かれ、プレップの「手を合わせてください。いただきます。」のあいさつでランチ会がスタートしました。食事中は放送委員会によるライブ放送もあり、クイズや放送ジャンケンも楽しみました。G1による「ごちそうさま。」のあいさつでランチは終わり、歯磨きのあといつもより長い昼休み。今日は中学部のお兄さんお姉さんがゆっくり昼休みがとれるということで、低学年の子ども達は大喜び。いつもは見られない微笑ましい光景がグランドの至るところで見られました。「今日はにぎやかだな~!」と嬉しそうにつぶやいていたプレップさんのことばが印象的でした。

ミシン

2016年11月17日

G5・6の家庭科の授業で、今日はJanome Australiaの方が来校、ゲストティチャーとしてミシン指導をしていただき、「プレースマット(ランチョンマット)」作りをしました。ミシンは、調子よくリズミカルに動いているときはいいのですが、糸がからまったり、切れたり、針が折れたりと日本でも学校でのミシン指導は一苦労です。トラブルが起きたときのミシンの調整や、縫い方など丁寧に教えていただきながら、2時間でみんなプレースマットが見事完成しました。苦労しただけに完成したときの喜びもひとしおでした。お礼のことばを英語で述べ挨拶をした後は、さっそくランチタムに自分で作ったマットを敷いて、嬉しそうにお弁当を食べていました。

スカイプ交流授業

2016年11月16日

G9が大分県宇佐市立院内中学校の3年生とスカイプで交流授業を行いました。10日に予定していたのですが、練習ではうまくいっていたのに本番では通信状況が悪く断念、今日に延期となりました。院内中の3年生は英語でのプレゼンテーションに力を入れているということで、全て英語で、「街・文化・特産品・生き物・観光名所・気候・スポーツ」などについて紹介しあい、その後質問や感想を述べあってスカイプ交流授業は終わりました。画面を通しての交流でタイムラグも若干あり、最初はぎこちなさもありましたが、慣れるにしたがい緊張もとけて和やかに進んでいきました。お互い良い刺激なったのではないでしょうか。

歯磨き

2016年11月15日

毎日、お弁当のあとはどの学年も歯磨きをしています。プレップとG1の歯磨き場所はピロティ(通称フラワーロード)の手洗いシンクです。時間を計りながらゴシゴシ、磨き残しがないようしっかりと磨いています。友達や先生と一緒に磨くのが楽しいのか、いつもみんなにこにこしながら歯磨きしています。ときどき、虫などに目を奪われて歯磨きがおろそかになり、先生から注意を受けることも・・・。磨き終わったら、担任に「せんせい、おわりました!」と元気よく伝え、口の中も気持ちもスッキリ!といった表情でそれぞれ教室に戻っていきます。家でもしっかりと磨けているといいですね!

交流学習

2016年11月14日

G5・6がAshburton Primary schoolを訪問し、交流学習を行いました。9月1日にAshburton の5,6年生の生徒三十数名がメル校に来て交流を行っているので、そのときに顔見知りになった子もいて楽しみにしていたようです。まず、ホールでオープニングセレモニーがあり、ステージではウクレレ演奏でメル校生を迎えてくれました。大勢を前にやや緊張気味だった子ども達。2~3人ずつの5グループになり、5年生2クラス、6年生3クラスの中に入り交流が始まりました。スポーツ、音楽、算数、ゲームなどさまざまなアクティビティを考えてくれていて、共に活動する時間が長くなるにつれどんどん距離が縮まっていきました。現地校で過ごす有意義な交流学習となりました。

あいさつ

2016年11月11日

ただいま、児童生徒会執行部が企画した「あいさつ週間」中です。「あいさつの木」のシールも日毎に増えてきています。毎朝、中学部が中心となり校門に立ち、登校する児童生徒、保護者の方、妹弟たちを「おはようございます。」のあいさつで迎え入れています。メル校生はもちろんのこと、一緒について来ているメル校生の小さな弟や妹たちも「おはよー!!」「おはようございます!」と元気な声であいさつしてくれます。転入当初は声が小さかった子も慣れるに従い、元気の良いあいさつに変わっていきます。気持ちの良いあいさつで一日のスタートを切ることができるっていいなと感じる朝のひとときです。

研究授業

2016年11月10日

本校では「子どもの表現力を支える思考力・判断力の向上」をテーマとして授業研究を行っています。今日はG3の算数の研究授業がありました。「2.8はどんな数といえるか、いろいろな見方をして表そう。」という学習課題のもと、これまで学習してきたことを想起し、その知識を活用しながら、数直線や式、ことばを使って、見方や表し方を何通りか考えノートに書いていきました。その後、自分の考えをペアで交流したり、全体の場で発表したりして考えを深め、学習のまとめをしました。子ども達のまっすぐに学習課題に向かう姿がまぶしかったです。

としょまつり

2016年11月09日

今日で読書週間も終わりです。図書委員会企画の「としょまつり」も今日が最終日となりました。本を借りること+「読書ビンゴ」を楽しみに通う子ども達で、今日も図書室は大賑わいでした。先日、海外子女教育財団からご案内をいただき、歴史家の方からポプラ社の「コミック版日本の歴史 」全50巻を寄贈いただけることになりました。飛鳥時代から幕末の時代まで、一冊に歴史上の人物一人の生涯が描かれている学習漫画です。夢中になって読む子ども達の姿が目に浮かびます。船便で届くのが待ち遠しいです。

読書週間

2016年11月08日

日本では10月27日~11月9日までが「読書週間」です。先日の全校朝会でも読書週間の話題に触れましたが、図書委員会ではより多くの児童生徒に図書室に足を運んでもらおう、本に親しんでもらおうと、この読書週間中に「としょまつり」を開催しています。また、「今月〇冊本を読もう!」と目標を掲げて読書に取り組んでいるクラスもあります。学校全体で年間を通して取り組んでいる朝読書。G5の教室を覗くと、朝の光に包まれながら静かに集中して読書に取り組んでいました。

クモ

2016年11月07日

春になり草花はどんどん成長し、生き物の動きも活発になってきました。7月にメル校にやってきたウーパールーパーのパールくん。寒さには強いそうですが、冬の間は環境の変化も関係してか、ほとんど動かず餌も食べず・・・。しかし、先月あたりからよく動くようになり一安心。今日は理科室に少し大きめのクモが現れ、理科担当教員が生け捕りにしました。ふたをしたビーカーに入ったクモ。低学年の子ども達は「うわ~!」と驚きの声を上げながら交代交代でクモの様子を観ていました。

収穫

2016年11月04日

今年は春になっても寒い日が続きましたが、それぞれの学年では2学期に入ってからブロッコッリーやラディッシュなど次々と収穫してきました。今は、豆が大きく成長して立派な実をつけていたり、イチゴも実がつき始めたりしています。G6の栽培場所も日当たりなど条件は悪いのですが、昨年度のG6が最後に土を耕し肥料も入れてくれたそうで、ブロッコリーやじゃがいも、ニンジンなどがすくすくと育っています。今日は待ちに待ったブロッコリーとジャガイモの収穫です。鍋の中では、大小さまざまな形のジャガイモがグツグツと茹でられていました。果たしてお味はいかに・・・!? 「ホクホクでおいしかった!」 自分たちで育てたものは野菜本来の味がしてとてもおいしかったようです。

中学部 職場体験学習

2016年11月03日

今日、中学部は職場体験学習に行きました。今回は3つの班に分かれ、現地の学校3校へ行き、「先生の仕事」を体験しました。現地校の中には、授業の中に「日本語教育」を行っている学校があります。今回はそこで働いていらっしゃる先生方にスポットを当てて、その働く姿に直に触れ、仕事に参加させていただく中で、自己の生き方を見つめる活動をしました。ある班の生徒は「日本語で曜日は何というか。」を、フラッシュカードを使って実際に先生となって授業を進めました。また、「先生はどの曜日が好きですか。」「先生はどのくらい勉強していますか。」といった児童の素朴な質問にも丁寧に答えていました。日本語を学習しようと頑張る現地の児童に、親身になって寄り添い教えるその温かなまなざしには、自分の未来を捉えようとする確かな思いがありました。

全校朝会

2016年11月02日

昨日は祝日(メルボルンカップデー)でお休みだったので、今日、月初めの全校朝会を行いました。2学期は、メル校デー、運動会と大きな行事が続きましたが、11月の生活目標は「進んで学習に取り組もう」です。気持ちを切り替え、メル校デーや運動会などでつけた力を活かし、しっかりと勉強に取り組んでほしいと思います。また、10月中旬以降の転入生6名のウエルカムインタビューもありました。新しい仲間がたくさん増えたこともあり、1年間の生活目標「あいさつ」「返事」「時間」「言葉づかい」の再確認も全校朝会で行われました。転出入の多い日本人学校ですが、これまで大切にしてきたことは、メンバーが変わってもしっかりと受け継がれてきています。気持ちのいい「あいさつ」もその一つです。

<< 前へ

次へ >>