メル校 News:2017年06月

持久走

2017年06月30日

小学部の朝の時間は、保護者ボランティアの方による読み聞かせでした。低・中・高学年に分かれ、絵本や物語などを日本語や英語で読み聞かせをしていただきました。自分で読むのとはまた違い、聞くことから湧いてくるイメージにより、想像力を膨らませながらお話を聞いていました。さて、小学部は先週水曜日から、中学部は今週月曜日から持久走の取り組みが始まりました。中休みになると皆グランドに出て、準備運動をしたあと合図にあわせてスタートします。おしゃべりしいながら走る子はなく、子ども達の「ハッ、ハッ・・・」という息づかいがあちらこちらから聞こえてきます。頬を赤くしながら懸命に走る子ども達。終わった後は「今日は〇周走った!」と、それぞれ満足気な表情でした。

トヨタ工場見学

2017年06月29日

今年の10月に全生産を終了するトヨタのアルトナ工場に社会見学に行きました。例年G5がお世話になっていた見学も今回で最後となるので、今年は無理を申し上げG4の児童も一緒に見学させていただきました。2,000tの重さで鉄板をプレスする様子、数台のロボットが一火花をあげながらリズミカルに溶接する様子、ペイント工場ではロボットで瞬時に車が色付けされる様子、そして、最後の組み立て工場では、人の手でエンジンやタイヤ、シートやドアなどを取り付ける様子。138秒に1台のペースで車が完成しているそうです。日本の自動車工場見学でここまで見せていただけるところはありません。百聞は一見にしかず。目の前で見た迫力ある光景や、工場の方々の思い・願いは子ども達の心にしっかりと刻まれたことでしょう。

おわかれ

2017年06月28日

今日を最後に小学部の児童1名が日本に帰国します。学校のどの場所で写真を撮りたいか聞いてみると、30周年記念壁画の前がいいとのこと。メルボルンの絵がたくさん描かれているからだそうです。最後の休み時間となる昼休みに、G1の子ども達が折り紙や手紙を渡したり、G6を中心に他学年の子ども達が一緒にドッジボールを楽しんだりして別れを惜しむ姿に、メル校生の学年を超えた温かさを感じました。下校時には校門のところにG1・G2の子ども達と保護者のみなさんで花道を作って見送りました。オーストラリアでの体験、メル校での学校生活をいかして、日本でも活躍してほしいと願っています。

調理実習

2017年06月27日

今日の5,6時間目、G5・6は家庭科の「炒めてつくろう朝食のおかず」というテーマの調理実習でした。各グループ、野菜いためや青菜とコーン炒め、スクランブルエッグなどの献立を考え、材料や調理手順を前時までに学習して、いよいよ今日が本番です。調理器具をていねいに洗い、野菜類も洗って、包丁で切っていきます。なかには「ぼく、包丁で切るのは今日が初めてです。」という子もいましたが、グループのメンバーにコツを教えてもらって、なかなか上手に切っていました。私が調理をするときと比べ一つひとつていねいに作業している様子を見て、この気持ちを大事にしてほしいなと思いました。G5にとっては初めての、G6は昨年度の経験もあり少し余裕が見られた調理実習。味のほうも満足だったようです。

研究授業

2017年06月26日

メル校では本年度『こどもの表現力を支える思考力・判断力の向上をめざして』という校内研究テーマのもと、小学部低学年・高学年・中学部の3つの部会にわかれて各部会で「めざす子どもの姿」を設定し研究をすすめています。今日は中学部の研究授業(G7・英語)でした。”Discrimination(差別)”についてのマインドマップを記入したあと、配布されたプリントの内容を読み、生徒はそれぞれ自分の考えを発表していました。

おやつづくり

2017年06月23日

昨日は3教科、今日は2教科の期末考査を終えた中学部。終わりの挨拶をした後は、大きな伸びとともに「終わった~!」という安堵した声があちらこちらから聞こえてきました。3,4限目は技術家庭で「調理実習」です。テーマは「幼児のおやつを考えよう」。本時までに、素材選び・栄養バランスを考えながら献立をつくり調理計画を立てました、試験が終わった開放感もあり、のびのびと楽しく調理実習を行っていました。調理したのは「いももち」「フルーツポンチ」「かぼちゃのおやき」。どれも美味しくできあがったようです。

期末考査

2017年06月22日

今日、明日と中学部は期末考査です。試験が始まる前の教室は、最後の確認をしている皆の集中力で緊張感に満ちていました。小学部の児童もテスト中は特に静かにしようと心がけています。さて、昨日は冬至、いよいよ冬本番となりました。昨日から冬の風物詩「持久走」の取り組みも始まりました。中学部は試験があるので来週からの参加となります。タイマーを見ながら「よしっ、あと〇周がんばる!」とつぶやきながら、自分の目標に向かってそれぞれ懸命に走っています。

おむすびころりん

2017年06月21日

G1は国語の時間「おむすびころりん」の学習をしています。繰り返しや七五調の文章はリズム感があり、楽しんで音読できる作品です。今日は、穴におむすびを落としてしまったおじいさんが、穴から聞こえてきた歌にあわせておどりだす場面の勉強です。みんなで様子や気持ちを読み取った後、歌の部分は声の大きさを工夫して、動作をつけながら音読していました。最初、教室に入ったときに、前時に学習したまとめの掲示物を「見て下さい!!」と誇らし気に教えてくれた子ども達。意欲的に学習している様子が伝わってきました。

継続は力なり

2017年06月20日

中休みや昼休みに毎日鉄棒の練習をしている子ども達が次々と逆上がりができるようになってきています。あきらめずに取り組んだ成果が出て、見ている方も嬉しくなります。同じく「継続は力なり」を実証しているのはG7の生徒です。音楽の時間にアルト・リコーダーの練習が始まって以来、毎日帰りの会の時間にアルト・リコーダーを練習しています。たとえ数分でも毎日続けることによりめきめき上達、レパートリーも増えてきました。今日は全員で「オーラ・リー」を演奏、アルト・リコーダー独特のやわらかく温かみのある音色で教室は満たされていました。

G5・6 交流学習

2017年06月19日

今日はSt. Kilda Primary school の5・6年生28名が来校し、G5・G6と交流学習を行いました。オープニングセレモニーではG6のメンバーが三味線を披露して歓迎しました。交流校の生徒は自分の名前、好きな食べ物・動物・スポーツ、嫌いなものについて日本語で自己紹介をしてくれました。覚えた日本語を一生懸命に使って伝えようとする気持ちが伝わってきました。その後は2つのグループに分かれ、メル校生主導で日本の文化、日本の遊び、そして、カルタや黒板を使ってひらがなの学習などを体験してもらいました。休み時間に一緒にボールゲームを楽しんだり、ランチを一緒に食べることで親密度が増していったように思います。G5・G6の子ども達もそれぞれの役割をしっかりと果たし、楽しい時間を持つことができました。

大盛況!図書まつり

2017年06月16日

今日の昼休み、図書委員会主催で「図書まつり」が開催されました。図書室はプレップ~G9までのたくさんの児童生徒で大賑わい。図書委員会のメンバーが考えた3問のクイズに正解すると、図書委員お手製の「しおり」や「プラス1さつ かします券」が渡されて皆にこにこ顔でした。これだけたくさんの子ども達が図書室に集まってくれて、図書委員のメンバーも準備のしがいがあったと思います。大盛況のうちに終わった図書まつりでした。

現地校との交流学習

2017年06月15日

プレップ~G4はバスに乗ってSydenham Hillside Primary Schoolに交流学習に行きました。相手は年上の6年生。学年差があるのでうまく交流できるか少し心配もあったのですが、現地校の6年生がやさしく接してくれたこともあり、とても充実した交流学習となりました。最初は緊張して少しかたかったものの、一緒にゲームやリセスタイム、そして、30分の休み時間を過ごすことで緊張もとれ打ち解けていきました。また、休み時間たくさんの子ども達がグランドで遊んでいましたが、あちらこちらから「コンニチハ!」と笑顔で挨拶をしてくれる子が多く、とても気持ちよく過ごす事ができました。次回はSydenham Hillside Primaryの生徒が2学期にメル校を訪問してくれる予定です。再会が楽しみです。

計算のしかたを考える

2017年06月14日

G6の算数の今日のめあては、「分数÷分数の計算のしかたを考えよう」。計算方法はわかっていても、なぜそうなるのかを考えるのはとても重要なことで、子ども達につけたい力です。担任から「どうしてそうなるのか、既習事項をいかして考えてみよう。」という問いかけがあり、なぜそのような計算になるのかを説明するのはなかなか難しいようで、それぞれ一生懸命悩みながら面積図や式、文章で考えていました。子ども達のノートを見ると内容がわかりやすく整理して書かれており、前時までに学習したことを振り返るのにもいかされていました。

JSMすいぞくかん

2017年06月13日

5月25日に水族館見学をしたプレップ~G2は、図工の時間に「JSMすいぞくかん」づくりに取り組みました。見学の様子を思い出しながら、図鑑や絵本を活用して生き物を描き、ハサミで切り抜いていきました。魚、カニ、エビ、ヒトデ、カメ、ウツボ・・・。子ども達に人気があったのはやっぱり迫力満点の大きなサメやエイ、そしてペンギン。切り抜いた生き物はプレップ教室後ろの海に見立てた縦横2m×3m程の水色のビニールに貼り付けていきました。G2は細かいところまでよく見て珊瑚や海藻など海底のようすをつくり「スイミー」のお話のような水中の世界が広がっていきました。図工の時間に2週にわたって取り組んだステキな「JSMすいぞくかん」が完成しました!

数学

2017年06月09日

今日のG8の数学の時間は、事前に配布された指導案をもとに他の教員が参観をする研究授業でした。与えられた課題に対して自分で考え、そして、その考えを班で交流しながら解答を導き出していました。デジタル教科書の素材活用と、具体物(おはじき)の活用を併用しながら授業は進んでいきました。最後の発展問題では途中で授業の終了時間がきてしまいましたが、「家で考えてきていいですか!」と、まだまだ課題に取り組みたいという生徒の気持ちが表れていました。

ファイヤー・エデュケーション

2017年06月08日

消防署の方に来ていただきプレップ~G2を対象にファイヤー・エデュケーションを実施しました。火事が起こったときどうすればよいか、避難するときの姿勢(crawl-down-low-go-go-go)、避難場所、服に火が燃え移ったときの消し方などを実際に体験したあと、外に出て消防車の説明や、実際にEllington Streetの街路樹に向かって放水体験もさせていただきました。最後に、プレップからお礼のメダルなどを渡し記念撮影をしました。消防署の方からは、「家に帰ったら煙感知器がどこにあるのか自分で確かめるように。」との宿題もいただきました。命を守る大切な勉強をしたファイヤー・エデュケーションでした。

宿泊学習最終日

2017年06月07日

楽しく充実した時間は瞬く間に過ぎていきます。宿泊学習もいよいよ最終日となりました。退所式では、キャンプ・ジャンガイのスタッフの方達から、礼儀正しい、自分たちも楽しく過ごすことができた、日本人学校の子ども達はカワイイ!などいろいろとお褒めの言葉もいただきました。退所式後、スタッフの方達と学部ごとに記念撮影。3日間お世話になったスタッフの方達に感謝の気持ちでキャンプ・ジャンガイを後にしました。中学部では初日に挑戦したラフト・メイキング(筏造り)も皆で知恵を出し合い協力して大成功。思い出に残る宿泊学習になりました。

Mia Mia Building

2017年06月06日

宿泊学習2日目。小学部の最初の活動は「Mia Mia Building」。林にある枝や木の葉を自分たちで集め、アボリジニの人達が昔住んでいた家造りに挑戦しました。予想していたよりかなり大きな家で、みんなで協力して大きな木を運んだり、寝床の部分になるシダの葉を集めたり。実際は、カンガルーの皮をかぶせると完成だそうです(今回はありませんでした)。他にも、この日はブーメラン・ペインティングやブーメラン投げ、カヌー、ハイロープスなどに挑戦。食事もモリモリ食べて元気な小学部でした。

宿泊学習出発・青空ランチ

2017年06月05日

今日から小学部(G4~G6)・中学部の宿泊学習が始まりました。保護者の方に見送られながらバスはキャンプ・ジャンガイに向かって出発しました。今日から3日間は学校にいる最高学年のG3がリーダー。ということで、プレップからG3までプリンセスパークで青空ランチを実施しました。アメリカンドッジボールや輪投げを楽しみ、グループに分かれてお弁当を食べ、楽しいひとときを過ごしました。みんなで仲良く遊ぶことができました。

種まき

2017年06月02日

いよいよ来週月曜日から、小学部(G4~G6)・中学部(G7~G9)の宿泊学習です。今日は各学部とも宿泊学習全般にわたって確認をしていました。中学部ではスタンツの準備もバッチリのようです。宿泊学習に高学年・中学部が行っている間はG3がリーダーとなり、プリンセスパークでの青空ランチを企画してくれています。さて、今日はG1の子ども達が協力して学習園を耕し、ニンジン、ラディッシュ、セロリ、イチゴの種をまいていました。これから寒くなりますが、比較的日当たりの良い場所なので、暖かな冬の日射しのもと成長が楽しみです。

最高の挨拶

2017年06月01日

今日は1日、月初めということで全校朝会・JSM集会がありました。JSM集会では児童生徒会長より6月のあいさつ運動の話がありました。昨年度の「あいさつ運動」を更に発展させる取り組みとして「あいさつ世界一の学校に!」という思いで、今年は幾つかのパーツに分かれた大きな「あいさつの木」が示されました。パーツを各学級に掲示して。あいさつ運動の取り組みを進めていきます。気持ちの良いあいさつ、心のこもったあいさつ、元気なあいさつ、笑顔であいさつ・・・。あいさつの木にいろいろなあいさつの花がたくさん咲きますように!

<< 前へ

次へ >>